商品お届け地域を設定すると、お近くの店舗を表示します。[変更

LABI 1 日本総本店池袋

営業時間:10:00~22:00

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-5-7 地図を見る

店舗お問い合わせ先
電話番号:03-5958-7770 / FAX:03-5958-7776
法人様・パソコン教室お問い合わせ先
電話番号:03-5958-8810 / FAX:03-5958-8811
  • 家電
  • Windows
  • Mac
  • 中古PC販売
  • 中古PC買取
  • DVDソフト
  • CDソフト
  • ゲーム
  • ゲーム買取
  • 携帯電話買取
  • 書籍
  • おもちゃ
  • 生活雑貨
  • 腕時計
  • ドラッグ
  • オール電化
  • パソコン教室
  • iPad取扱
  • iPod取扱
  • Apple
  • リフォーム新築
  • 携帯販売

2019年発売の大ヒット商品「WF-1000XM3」で完全ワイヤレスイヤホンのスタンダードを作ったソニーが、新製品「WF-1000XM4」を発売しました。業界最高クラスのノイズキャンセリング機能と高音質技術が特長とのことで、ワクワクしながら早速、試してみました♪

INDEX

「WF-1000XM4」本体はコロッとした丸いボール型。ピンクゴールドのマイクがアクセントになっていて、なかなかスタイリッシュな感じです。

耳の穴に入れるイヤーピースは新開発というノイズアイソレーションイヤーピース。シリコンのイヤーピースと違って厚みと弾力性があって、まるで低反発クッションのような感じです。軽くつまんでつぶしてから本体を回すようにして装着してみると、すっぽりと収まりました。

着けてみただけで外からの音が結構遮断されます。耳の違和感もなく、数時間着けていても耳が痛くなることはありませんでした。これなら家でも外でも長時間着けていられると実感しました。

装着感は言うことなしだったので、専用アプリ「Headphones Connect」をスマホにダウンロードして、ノイキャンや外音取り込み、電源の自動オフなど、各種の設定をしました。取説のQRコードでリンクされた設定動画やアプリの設定画面はめちゃくちゃシンプルで分かりやすい! 設定ってこれだけでいいの? と思うくらい迷ったりするところがありませんでした。

業界最高クラスというノイキャンを試してみました。本体左のタッチセンサーを1回タップすると、通知アナウンスの後でイヤホンから聞こえる音がスーッと消えました。パソコンで入力しながらノイキャンにすると、キーボードを打つ音が一瞬で驚くほど小さくなりました。

もう一度タップして外音取り込みモードにすると、パチパチというキーボードを叩く音が復活。こんなに違うのかとビックリです。

駅構内の人混みで試してみました。ノイキャンにすると、自分も含めて人は動いているのにイヤホンを通して聞こえる音がほとんど消えます。もう一度タップすると人混みのガヤガヤという音が戻ってきました。

外音はマイクで拾うので、自然な音というよりはマイクで音を集めた印象。でも、音楽を再生しながら外音取り込みにすると全然、気になりません。

ノイキャンの効果がこんなにもハッキリと分かるって、ちょっと感動モノ。面白くなってノイキャンと外音取り込みを何度も交互に切り替えて楽しんでしまいました。これだけ周りの音が消えるんだったらテレワークやオンライン学習でも使えそうと考え、実践。余計な音が聴こえないので集中できて効率が上がりました。

ノイキャンは業界最高クラスというだけあって、これはスゴい! と実感するほど効果がよく分かりました。でも、基本的には音楽を聴くためのイヤホンだから、やっぱり音質って気になりますよね。

ストリーミング再生でオリヴィア・ロドリゴの「drivers license」を試聴してみました。ヴォーカル以外は割とこもり気味の音作りで、イヤホンの性能によっては薄っぺらな音になってしまうような曲です。

でも、いい意味で裏切られました。ピアノと人の声がしっかり分離され、ヴォーカルが前に出てくるような臨場感と息遣いも伝わってきます。特定の音域だけ強調されるわけではなく、低音から高音までクセのないクリアな音は、これで本当にワイヤレス? と思うほど。

アプリで「DSEE Extreme」という機能をオンにするとハイレゾ並の音質になるそうで、試さない手はありません。早速オンにして曲を改めて聴いてみると、音の立体感や奥行き感が増したような印象です。

音質がガラッと変わったわけではありませんが、空気感というかスタジオで歌っているアーティストの様子が頭の中に浮かんでくるような感じなんです。高級ヘッドホンならまだしも、完全ワイヤレスなので驚きのひとことです。

乗車している時はノイキャンで音楽。でも、道を歩いているときにノイキャンだとちょっと危ないですよね。止まっている時や歩いている時などを、あらかじめノイキャンや外音取り込みのレベル設定をしておくと、自動で切り替えてくれます。

電車待ちで止まっているときは低いレベルの外音取り込みにして、車内ではノイキャン、駅から自宅まで歩いている時は外音取り込みのレベルを上げる設定にしてみました。

まず、ホームでは外音取り込みでアナウンスがしっかり聴こえました。電車に乗ってつり革につかまると、通知アナウンスの後に自動でノイキャンモードにチェンジ! 通勤ラッシュの中でも音楽に浸る時間を満喫できました。

駅について電車から降りて歩くと、再びアナウンスの後に外音取り込みモードに切り替わりました。近くを通る車や自転車の音もちゃんと聴こえます。これなら安心。帰宅するまで本体やアプリを1回も操作することなく、完璧にハンズフリー。快適のひとことです。

荷物を持っていて両手がふさがっているときでも自動でモードを切り替えてくれるって、スゴく便利。もう完璧にほったらかし家電ですよ、これ。

いろいろと試してみて、WF-1000XM4は、完全ワイヤレスイヤホンを一つ上のレベルに上げる製品に仕上がっていることを実感しました。一度使ったら、もう他のイヤホンには戻れなくなること間違いなしです!