商品お届け地域を設定すると、お近くの店舗を表示します。[変更

LABI 1 日本総本店池袋

営業時間:10:00~22:00

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-5-7 地図を見る

店舗お問い合わせ先
電話番号:03-5958-7770 / FAX:03-5958-7776
法人様・パソコン教室お問い合わせ先
電話番号:03-5958-8810 / FAX:03-5958-8811
  • 家電
  • Windows
  • Mac
  • 中古PC販売
  • 中古PC買取
  • DVDソフト
  • CDソフト
  • ゲーム
  • ゲーム買取
  • 携帯電話買取
  • 書籍
  • おもちゃ
  • 生活雑貨
  • 腕時計
  • ドラッグ
  • オール電化
  • パソコン教室
  • iPad取扱
  • iPod取扱
  • Apple
  • リフォーム新築
  • 携帯販売

2018年12月より 新4K8K衛星放送が本格的に開始され、国内では『2020年東京オリンピック・パラリンピック』の開催も間近に迫り、テレビの新製品への注目が日増しに高まりつつあります。
陸上競技、球技、水泳、格闘技、モータースポーツなど 見逃せない世界レベルの大会を最高の臨場感で観戦したい方や、続々と名作のリリースが予定されている 映画やゲームの世界観にどっぷりと浸りたい方々へ、 “満足できるテレビ選び” のポイントをご案内いたします。

まず初めに、テレビの製品仕様で目にすることが多い基本的な用語について簡単にご説明します。

画面の解像度
「解像度」とは画面を構成する画素の密度のことで、数値が大きいほど細密で鮮明な映像の表現が可能になる。
テレビの仕様では「横のピクセル数×縦のピクセル数」で表記され、例えばフルHD対応テレビと4K対応テレビでは画素の総数比が「1:4」にもなり、同じインチ数の製品を比較しても両者では画質の精細さが明らかに異なる。
ハイビジョン
「高精細度テレビジョン放送」の通称。
従来の規格(日本のテレビ放送ではNTSC)よりも走査線数を大幅に増やし、より細密で鮮明な画質表現が可能になっている。
HD対応
テレビ
画面のピクセル数は1280×720。
ハイビジョン放送が表示可能な解像度をもつテレビ「High Definition TeleVision(HDTV)」の通称。
フルHD対応
テレビ
画面のピクセル数は1920×1080。
HD対応テレビの中で、ハイビジョン映像における最大サイズ「フルハイビジョン(1920×1080)」まで表示可能なテレビの通称。
4K対応
テレビ
画面のピクセル数は3840×2160。
フルハイビジョンの4倍の画素数となる4K映像が表示可能なテレビの通称。
4K放送をテレビ本体で受信可能なテレビは「4Kテレビ」と呼ぶ。
8K対応
テレビ
画面のピクセル数は7680×4320。
4Kの4倍の画素数となる8K映像が表示可能なテレビの通称。
8K放送をテレビ本体で受信可能なテレビは「8Kテレビ」と呼ぶ。
液晶ディスプレイの主な方式
VA方式
VAとは「Vertical Alignment」の略。
高コントラストで画質が良く、有機ELテレビほどではないが黒浮きしにくいのが特徴。
IPS方式
IPSとは「In Plane Switching」の略。
視野角が広くて色の再現度が高いのが特徴。
その他
ベゼル
「ベゼル」とは画面の周りにある枠や縁のことを指し、年々製品が小型化されるに伴ってベゼルの幅も狭くなってきている。
ベゼルの縮小によって期待できるのは製品の小型化だけでなく、従来と同等の製品サイズでも画面だけを大きくすることが可能となるため、買い替え時に設置環境を変えることなく画面だけサイズアップできるという長所がある。
HDR対応
HDRとは「High Dynamic Range」の略。
明暗差が大きい映像では明るい部分が白く飛んでしまったり 暗い部分が黒く潰れてしまうが、映像がもつ輝度情報を拡張することで白飛びや黒潰れを軽減させ、人間の視覚に近い映像を表現する機能。
グレアと
ノングレア
テレビ画面の表面がツルツルに光沢処理された製品を「グレア」、表面がサラサラでつやを抑えた製品を「ノングレア」と呼ぶ。
グレア加工ではコントラストが際立ち画質も鮮明なので現在の主流となっているものの、表面が光沢質のため画面の前にある物や人が映り込みやすい。
ノングレア加工は表面のつやを消すことで映り込みを抑えるため 見やすくて目が疲れにくいのが特長だが、つや消し加工による微かな滲みが生じるため、グレアと比較すると画質が劣るというのが一般的な評価となっている。

現在、各メーカーのテレビの新製品は液晶テレビと有機ELテレビが主流となっています。
テレビを選ぶ時におさえておきたい それぞれの特徴をピックアップしてみましょう。

液晶テレビ

バックライトからの光を、液晶パネルで各画素のRGB情報に合わせて調光し、三原色のカラーフィルターに通して映像を映し出す仕組みのテレビです。

低コスト・安定感・豊かなバリエーション

国内外の多数のメーカーが開発と価格競争をしてきた経緯もあり、全体的に市場価格が安いのが最大の特長。

近年の傾向としてバックライトにLEDを使用している製品が多く、消費電力が低くて寿命が長いなどコスト面でのメリットが多いのも液晶ならでは。

バックライトの調光で画面の輝度を高くできるため 周囲が明るい場所でも画面が見やすく、さらに、パネルの表面をつや消し加工して部屋などの映り込みを防止したノングレアの製品も多いため、画質では有機ELテレビに劣るものの「液晶テレビの方が見やすい」と感じる消費者も少なくないようです。

また、実用化されて歴史の浅い有機ELテレビは画面サイズ55インチ以上の大型製品のみのラインナップですが(2019年4月現在)、液晶テレビは持ち運び可能なポータブルサイズから超大型まで豊富な製品が揃っており、用途の柔軟さでは液晶の方に分があるといえます。

液晶テレビにおすすめの用途

・日当たりの良いリビングなど明るい環境では、輝度が高くて見やすい液晶テレビが適しています。

・サイズやバリエーションが豊富なので、寝室やキッチン、お風呂場でもテレビを楽しむことができます。

有機ELテレビ

『OLED(Organic Light Emitting Diode)』と呼ばれる発光ダイオードを画素として映像を映し出す仕組みのテレビです。

“バックライト不要”が生み出すメリット

画素のOLED自体が発光するのでバックライトが不要となり、それが様々なメリットを生んでいます。

まず、バックライトの影響による映像のムラが無く、画面を斜めから見ても映像がほとんどぼやけず視野角が広いのが特徴。
黒色もバックライトによる「黒浮き」が無く 漆黒のような深い表現が可能となり、明暗のコントラストが際立つ高画質を実現。
さらにOLEDの特性により映像の表示遅延が極めて少ないため動きがなめらかに見えます。

また、バックライトが無い分だけ製品が従来よりも薄型かつ軽量になり、ほとんどの製品が設置工事なしでも壁掛けが可能です。

液晶テレビにくらべて「消費電力が大きい」「寿命が短い」「画面焼けしやすい」といったマイナス評価もありますが、様々な技術の導入により少しずつ改善されている傾向です。

有機ELテレビにおすすめの用途

映像ソフトやネットのVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを抜群の高画質で楽しめます。

・表示遅延が少なく映像の動きがなめらかなので、臨場感あふれるスポーツ観戦やアクションゲームで効果を発揮します。

長年にわたり家電の花形として技術の進歩を繰り返してきたテレビには、メーカーそれぞれに自慢の『こだわり』があります。
そこには理想的なテレビを選ぶためのヒントがあるかもしれません。

フナイ

7010シリーズ、4110シリーズ、他

《製品例:FL-65U4110》

●自然にあふれる鮮やかな色彩を描ききるため、独自の高画質エンジンを開発

●低音から高音まで、伸びやかなサウンドが得られるバスレフ型スピーカーを内蔵

●1TBのハードディスクを内蔵。ハードディスク内蔵だからすぐに録画ができる

●3チューナー搭載で、視聴中の番組とは別の番組が2番組録画できます。

●録りたい番組が、自動で録画できる「おまかせ録画」

東芝

『REGZA(レグザ)』シリーズ

《製品例:FL-65U4110》

●レグザエンジン Evolution PRO

●深みのある美しい“黒”を再現 V18 新世代4K有機ELパネル

●映像の種類を判別し超解像処理 BS/CS 4K ビューティX PRO

●HDR映像の色彩をさらに正確に HDRリアライザー PRO

●地デジのノイズを低減し、映像を高精細に 地デジビューティX PRO

ソニー

『BRAVIA(ブラビア)』シリーズ

《製品例:KJ-75X8500F》

●あらゆる映像を高品位な4K画質に
映像の中で、被写体ごとにコントラストを向上させて、HDR相当の明暗の描写が可能に。

●速い動きが「なめらか」
映像の動きを予測して、前後のコマの間に新しいコマを生成して補間。

●映像がきめ細やかなため視聴距離を短くでき、視野いっぱいに広がる迫力に満ちた美しい映像を堪能できます。

パナソニック

『VIERA(ビエラ)』シリーズ

《製品例:TH-55GX850》

●地上デジタル放送など通常の映像もAI技術により高コントラストに変換する「AI HDRリマスター」を搭載。

●迫力のある音を実現する30W「ダイナミックサウンドシステム」に加え、「Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)」を採用。

●吸着機能付き「転倒防止スタンド」地震などによりテレビが大きく揺れたときにも、テレビ台にしっかり吸着して倒れにくくします。

●USBハードディスク録画対応(2番組同時録画対応)

シャープ

『AQUOS(アクオス)』シリーズ

《製品例:8T-C80AX1》

●新4K8K衛星放送チューナーと新エンジン「AQUOS 8K Smart Engine PRO」搭載

●約3,300万画素、秒間120枚の圧倒的情報量「8K倍速液晶」

●高透過率液晶と高輝度HDRによる輝き復元「メガコントラスト」

●音声検索やAI(人工知能)でテレビの楽しみ方が変わる「COCORO VISION」

●大画面ほど気になる外光や照明の映り込み抑え、艶やかな黒を表現できる「N-Blackパネル」

LGエレクトロニクス

『LG SIGNATURE』シリーズ

《製品例:OLED65W8PJA》

●有機EL専用エンジン『α9 Intelligent Processor』で究極の映像美を追求

●現実世界の美の輝きをそのまま映像に映し出す、『4つのHDR規格』に対応。

●LG独自の人工知能『ThinQ AI』搭載により、リモコンに向かって話すだけでテレビ操作

●LG独自のwebOS で『スマホとの連動強化』

●現実世界と同じように聞こえる迫真のサウンド、『DOLBY ATMOR』・『DTS Virtual:X』搭載

三菱電機

『REAL(リアル)』シリーズ

《製品例:LCD-A58RA1000》

●新4K衛星放送チューナー内蔵

●たっぷり録画できる大容量2TBのハードディスク内蔵

●4K高画質に対応したUltra HD ブルーレイの再生が可能

●[Quick Go]テレビ放送などを視聴しながら、録画済みの番組や裏番組を探して再生

●リモコン操作で画面をベストな角度に変えれるオートターン機能

●Bluetooth送受信対応

様々なライフスタイルに合わせた用途や、便利に使える機能にクローズアップしてご紹介します。

ポータブル

テーブルや寝室などお気に入りの場所でテレビ放送、ネット動画を楽しめるのがポータブルテレビの魅力。

※チューナー、無線LANなどの仕様は製品によって異なりますので、用途に合わせてご確認ください

防水

防水タイプのポータブルテレビ。キッチンで料理や洗い物をしながらの視聴や、バスタイムのお供に。

※チューナー、無線LANなどの仕様は製品によって異なりますので、用途に合わせてご確認ください

録画機能

お気に入りの番組を録画。ハードディスク内蔵型ならテレビ本体だけで録画することが可能です。

※『ハードディスクがテレビ本体に内蔵されている製品』と『外付けハードディスクの別途購入が必要な製品』がございますので、仕様を必ずご確認ください。

スマホ連携

スマホをリモコンとして使える他に、外出先からの録画予約やスマホ画面のミラーリングなど便利な機能も。

※製品によってスマートフォンで利用できる機能が異なりますので、仕様をご確認ください

Bluetooth

テレビの音声を愛用のヘッドホンで聴いたり、他の機器の音楽ファイルをテレビで聴ける製品もあります。

※製品によってBluetoothで利用できる機能が異なりますので、仕様をご確認ください

無線LAN接続

インターネットに接続してオンデマンド放送やWebサイトも楽しめます。無線LANならテレビ周りもスッキリ。

※製品によってインターネットで利用できる機能が異なりますので、仕様をご確認ください

周辺機器やアクセサリーを追加して 自分だけの理想的なテレビ環境を作り上げてゆくのも醍醐味のひとつです。
定番の必須アイテムから便利なものまで、様々な関連製品をご紹介します。

テレビ台

床・ソファ・椅子など 視聴する場所は人それぞれ。目線に合った高さのものがおすすめです。

レコーダー

連続ドラマや試合中継など、見逃したくない番組の録画には機能が充実したレコーダーがおすすめ。

ホームシアター

臨場感を追求するなら"音"も大事な要素。映画やライブ映像を楽しみたい方におすすめ。

HDMI切替器

ゲーム機やビデオカメラなど、複数の機器と接続するなら必須のアイテムです。

壁掛け金具

テレビが額縁のようなインテリアに。フロアを広く使いたい方にもおすすめです。

耐震

前倒れしやすい薄型テレビ。万が一の負傷や破損に備えて対策しておきましょう。