スイッチングハブはどう選ぶべき?基本的な使い方と選ぶときのポイントをチェックしよう

  • URLをコピーしました!

気に入ったら長押しでシェアしてね!

最近では、デスク周りやリビングルームでたくさんの機器をマルチに使う方が増えてきました。パソコンのほか、ハードディスクやプリンター、ゲーム機やレコーダーなど複数の機器を使うときには、スイッチングハブを導入してみましょう。

スイッチングハブはネットワーク対応機器を増設する際に使える中継機のことです。データを振り分けられる上に接続も安定しやすいなど、スイッチングハブには多くのメリットがあります。

この記事では、スイッチングハブの用途や選び方について詳しく紹介していきます。

目次

スイッチングハブはどんなツール?ルーターとは違う?

スイッチングハブは有線接続でネットワークを構築する際に使える中継機のことです。例えば2台のパソコンを使う場面であれば、それぞれのパソコンをハブに有線接続することで、データの転送などがスムーズに行えるようになります。

複数の機器を接続するだけであればルーターやモデムを使うことも可能です。しかし、ルーターはあくまで、インターネット接続の際に情報を受信する経路を確立するためのものです。

スイッチングハブは、接続したデバイス同士でのデータ送受信に特化したアイテムとなっています。スイッチングハブにルーターを接続すれば、ハブにつないだすべての機器でインターネットを使えるようになります

ルーターやモデムの場合、LANケーブルを挿すポートの数が限られているのが一般的です。

これに対してスイッチングハブには5個以上というたくさんのLANポートが搭載されています。このLANポートを使ってテーブルタップのように複数の機器をつなげば、柔軟にネットワークを構築できます。

スイッチングハブを導入するメリットは?

有線LAN接続はWi-Fiと比較して構想で安定しやすくなるのが、スイッチングハブの大きなメリットです。スイッチングハブに機器を接続すると、ハブの内部にはアドレス情報が記録されます。このアドレスを照会してデータを送信するシステムになっているので、効率よくデータ転送ができるのです。

スイッチングハブを使うときにはまず、ルーターにスイッチングハブを接続しましょう。あとはスイッチングハブのポートにパソコンやTV、ブルーレイレコーダー、プリンター、ゲーム機などを接続するだけで同時ネット接続が可能となります。自宅内の機器をすっきりとまとめられるのもスイッチングハブの魅力です。

スイッチングハブを選ぶときのチェックポイント

スイッチングハブにはたくさんの種類があります。とはいえ、ポート数や必要な機能をチェックすれば、自分に合ったスイッチングハブを見極めるのはそれほど難しくありません。

スイッチングハブを購入するときにチェックしたいのは以下のようなポイントです。

ポートの数をチェックする

スイッチングハブのポート数は必ずチェックしておきたいポイントです。多くのスイッチングハブは5ポートや8ポートの設計になっていますが、中にはコンパクトな3ポートのもの、多数の機器を接続できる16ポートや24ポートのものもあります。

自宅でパソコン同士を接続するなど限定的な使い方をするのであれば3ポートや5ポートのもので十分です。パソコンやTVに加えてレコーダーやゲーム機などを一括で接続するのなら、8ポートのものがあると便利です。ポート数に余裕があれば、あとから機器を追加購入したときにもスムーズに接続を行えます。

オフィスで複数台のパソコンを使うような場合には16ポート、24ポートのスイッチングハブを選びましょう

通信速度をチェックする

スイッチングハブを導入するときにはネットワーク接続の速度を確認しましょう。

ほとんどのスイッチングハブは100BASE-TXまたは1000BASE-T(Gigabit)に対応しています。100BASE-TXなら最高で100Mbps、1000BASE-Tは10倍にあたる1000Mbpsで通信できます。

以前はほとんどのスイッチングハブが100BASE-TXでしたが、最近では1000BASE-Tのスイッチングハブも比較的安価で手に入るようになってきました。これからスイッチングハブを購入するのなら1000BASE-Tに対応した製品を選ぶのがおすすめです。

素材をチェックする

スイッチングハブの素材は大きく、プラスチック製と金属製の2種類に分けられます。

プラスチック製の方が価格は多少安く、軽量で扱いやすい傾向にあります。ただしプラスチック製のスイッチングハブは放熱性能がやや低く、熱がこもってしまうことがあります。風通しの悪い場所などに設置した場合、熱によってパフォーマンスが落ちる可能性も考えられます。

パフォーマンスを下げずに使いたいのなら金属製のスイッチングハブを選んでみましょう。金属製のスイッチングハブは熱効率がよく、どこに設置してもパフォーマンスの低下がほとんど起こりません。一方で、やや重たく価格も高めというデメリットがあります。

電源の種類をチェックする

スイッチングハブには内蔵電源タイプと外部電源タイプの2種類があります。

コンセント周りをすっきりさせたい人は内臓電源タイプがおすすめです。内臓電源の場合は昇圧トランスが内蔵されているため、AXアダプタを使用する必要はなく、通常のメガネケーブルが使用されます。

一方外部電源の場合、内臓電源のものと比較して本体は小さく軽いものが多いですが、一方でACアダプタを介して整流電力を使用する必要があります。そのため配線周りが乱雑しやすくなります。

ケーブルをチェックする

スイッチングハブ本体だけでなく、ケーブルもきちんとしてものを取り揃えないとスイッチングハブのメリットを最大限享受することができません。

まずLANケーブルはカテゴリと呼ばれる規格が存在します。カテゴリは「Cat.〇」という形で表記され、それぞれの規格では伝送速度や帯域幅が異なります。近年はCat.6~8のケーブルが大半です。一般的にはCat.6で十分ですが、最大限速度を教授したい方はCat.8を選びましょう

またケーブルの長さもまちまちです。短いものから長いものまで多種多様なケーブルが販売されています。ご自身の環境に合ったケーブルの長さを選ぶようにしましょう。

2023年最新!スイッチングハブのおすすめアイテム8選

引用元:写真AC

ここからは、各メーカーからリリースされているおすすめのスイッチングハブをご紹介していきます。機能性や省エネ性能などを比較し、最適な1台を選んでみましょう。

BUFFALO(バッファロー):LSW6-GT-8NS 8ポート

ヤマダウェブコム
バッファロー LSW6-GT-8NS/BK Giga対応 スイッチングハブ 8ポート ブラック | ヤマダウェブコム バッファロー LSW6-GT-8NS/BK Giga対応 スイッチングハブ 8ポート ブラックのご購入はヤマダウェブコムで。安心の長期保証、社員による即日・翌日お届け、店舗での受取り...

BUFFALOのLSW6-GT-8NSはコンパクトかつスタイリッシュなデザインのスイッチングハブです。TVやデジタル機器周辺にしっくりと馴染み、さまざまなネットワークを接続して活用できます。

使用中のアダプタのみに電力供給を行う節電機能が搭載されているのがLSW6-GT-8NSの特徴です。使わないポートの電力供給を制限するなど省エネ性能は抜群です。

こちらのスイッチングハブはマグネット付きなので金属壁面に取り付けて使えます。また、壁掛け穴を使って壁面に吊るのも便利な使い方です。なお、電源は内蔵されているのでACアダプタの接続は必要ありません。

配線周りがゴチャゴチャするのが苦手という方でもスッキリと使えるのが、こちらのスイッチングハブの魅力です。

ELECOM(エレコム):1000BASE-T対応 EHC-G03PA-SB 3ポート

ヤマダウェブコム
エレコム 1000BASE-T対応 スイッチングハブ 3ポート EHC-G03PA-SB | ヤマダウェブコム エレコム 1000BASE-T対応 スイッチングハブ 3ポート EHC-G03PA-SBのご購入はヤマダウェブコムで。安心の長期保証、社員による即日・翌日お届け、店舗での受取りなど、全国...

こちらは限られた用途にのみスイッチングハブを使いたい方におすすめの1台です。3ポートの超小型スイッチングハブは業界最小クラスとなっており、狭い場所にも楽に設置できます。

コンパクトながら1000BASE-Tに対応しておりエコに使えるのがEHC-G03PA-SBの魅力です。また、メイン基板に電解コンデンサを使っていないため寿命も長く、長期にわたって安心して使えます。

静音設計で作動音が気にならない点やホコリによるトラッキングが起きにくい点もこちらの製品の特徴です。安心して使えるスイッチングハブをお探しなら、ぜひELECOMの製品を導入してみましょう。

TP-Link(ティーピーリンク):TL-SG1016D 16ポート ギガビット デスクトップ/ラックマウント スイッチ

ヤマダウェブコム
TP-Link ティーピーリンク 16ポート ギガビット デスクトップ/ラックマウント スイッチ TL-SG1016D 無償永... TP-Link ティーピーリンク 16ポート ギガビット デスクトップ/ラックマウント スイッチ TL-SG1016D 無償永久保証のご購入はヤマダウェブコムで。安心の長期保証、社員によ...

TP-Link ティーピーリンクのTL-SG1016Dはポート数が16と豊富で、あらゆる機材を接続して便利に使えます。

すべてのポートがRJ-45対応で大きなファイルの転送も楽に行えます。また、ギガビットスイッチの自動機能によるプラグアンドプレイが可能なので、設定などの煩わしさもありません。

こちらのスイッチングハブにはリンクステータスに応じて消費電力を自動で調整するTP-LINKグリーンテクノロジー機能が備わっています。ネットワークの二酸化炭素排出量が制限されるなど環境に優しい設計になっています。

たくさんのケーブルを接続しても電力消費を抑えられる上環境にも配慮できる点が、こちらのスイッチングハブが人気を集める理由です。

NETGEAR(ネットギア):GS116-200JPS 16ポート アンマネージスイッチ

ヤマダウェブコム
NETGEAR GS116-200JPS ギガビット16ポート アンマネージスイッチ スイッチングハブ GS116200JPS | ヤマダウ... NETGEAR GS116-200JPS ギガビット16ポート アンマネージスイッチ スイッチングハブ GS116200JPSのご購入はヤマダウェブコムで。安心の長期保証、社員による即日・翌日お届...

NETGEARが製造するGS116-200JPSは16ポートの便利なスイッチングハブです。ポート数が豊富で使いやすいため、法人がビジネスに利用するのにも向いています。

こちらのスイッチングハブを利用するにあたっては、わずらわしいソフトウェア設定は必要ありません。差し込むだけですぐに使えるシンプルなシステムなので、誰もが気軽に導入できます。強力なネットワークスイッチが採用されているのでポートをいくつ使ってもパフォーマンスが低下する心配はありません。

本体はスリムなメタルケースとなっており、狭い場所にも設置可能です。また、デスクトップのほか壁面取り付けにも対応しているのが嬉しいポイントです。

IO DATA(アイ・オー・データ機器):ETG-ESH08KC 8ポート Gigabit対応省電力機能付

ヤマダウェブコム
IOデータ ETG-ESH08KC Gigabit対応省電力機能付8ポートスイッチングハブ 黒 | ヤマダウェブコム IOデータ ETG-ESH08KC Gigabit対応省電力機能付8ポートスイッチングハブ 黒のご購入はヤマダウェブコムで。安心の長期保証、社員による即日・翌日お届け、店舗での受取りな...

IO DATAのETG-ESH08KCは省エネ性能に徹底的にこだわって作られたスイッチングハブです。未使用時には最大84%の電力をカットできるほか、使っていないポートを自動で検出して節電する機能も備わっています。また、LANケーブルの長さを自動で判別して供給電力を調整できるのも特徴的です。

接続時の安定性も高く、転送速度は申し分ありません。ネットワークのループや接続ミスを検知して知らせてくれる機能も付帯しているので便利です。耐トラッキング試験に合格したアダプタを採用しているため、セキュリティ上の不安を抱える心配もありません。

BUFFALO(バッファロー):LSW3-TX-16NP10 16ポート

ヤマダウェブコム
バッファロー LSW3-TX-16NP10 100MスイッチングHub プラスチック筐体 電源内蔵モデル 16ポート | ヤマダウ... バッファロー LSW3-TX-16NP10 100MスイッチングHub プラスチック筐体 電源内蔵モデル 16ポートのご購入はヤマダウェブコムで。安心の長期保証、社員による即日・翌日お届け...

BUFFALOのLSW3-TX-16NP10は10/100M対応の16ポートスイッチングハブとなっています。こちらのスイッチングハブは、「エネルギー仕様の合理化に関する法律」(省エネ法)の基準をクリアしています。例えば、多くのパソコンを接続したときには、それぞれのLANケーブルの長さを自動判別して電力調整を行います。自動電力調節「おまかせ節電」機能も付いており、パソコンの電源がオフの時間帯には電力の供給量が自動で調整されます。

コンデンサには日本製のものを使っているので長期間使っても性能が低下しにくく安心です。また、ループ検知機能でネットワーク障害を軽減するなど安定したネットワーク構築ができるのも特徴です。静音性も高いため音を気にすることなく快適に利用できます。

ELECOM(エレコム):EHC-G08PN2-JW 1000BASE-T対応 8ポート

ヤマダウェブコム
エレコム EHC-G08PN2-JW 1000BASE-T対応スイッチングハブ ホワイト | ヤマダウェブコム エレコム EHC-G08PN2-JW 1000BASE-T対応スイッチングハブ ホワイトのご購入はヤマダウェブコムで。安心の長期保証、社員による即日・翌日お届け、店舗での受取りなど、全国...

ELECOMのEHC-G08PN2-JWは1000BASE-T対応で処理能力が早く、使いやすいのが特徴的です。

こちらのスイッチングハブは、デスクトップに置くだけでなく壁掛け設置でも使えます。壁掛けしたときでもランプの点灯状態が見やすく、快適に使えます。

8ポートを備えたスイッチングハブなので、パソコンのほかTVやレコーダーなども接続して便利に使ってみましょう。万一ケーブルの接続ミスなどの異常があれば点灯で知らせてくれるので、接続にあたってトラブルが起きる心配もありません。

こちらのスイッチングハブは、EUが定めたEU RoHS指令に準拠しているなど環境への配慮にもこだわって作られています。省エネ性能が高く、最大81%の節電が実現できるのも魅力的です。

IO DATA(アイ・オー・データ):ETX-ESH05KC 100BASE-TX/10BASE-Te対応 5ポート

ヤマダウェブコム
IOデータ ETX-ESH05KC 100BASE-TX/10BASE-Te対応 5ポート レイヤー2スイッチングハブ ブラック | ヤマダウ... IOデータ ETX-ESH05KC 100BASE-TX/10BASE-Te対応 5ポート レイヤー2スイッチングハブ ブラックのご購入はヤマダウェブコムで。安心の長期保証、社員による即日・翌日お届...

IO DATAの「ETX-ESH05Cシリーズ」は、100BASE-TX/10BASE-Teに対応しています。カテゴリ5以上のLANケーブルを用意して接続すれば、初期設定の必要なく高速の通信を利用できます。

ファンレス静音設計で音が小さく、昼夜を問わず快適に使えます。また、手のひらに収まるコンパクトなサイズ感なので使いやすさも抜群です。

ポートの使用状況に合わせて電力を自動調整できる機能が搭載されているこちらのスイッチングハブは、自宅やオフィスの省エネを実現したい方におすすめです。

まとめ

引用元:写真AC

スイッチングハブは、各種機器を有線LANネットワークで接続するときに便利なアイテムです。スイッチングハブが1つあればパソコンやTV、ゲーム機やレコーダーなどあらゆる機器を一括で管理できるようになります。

一般の家庭で使うなら5ポートや8ポートのものがあれば十分です。業務などで多くの危機を接続したいのなら、16ポートや24ポートのスイッチングハブを選ぶのもおすすめです。

高速でデータ通信ができるものやコンパクトで静音性の高いものなど、スイッチングハブにはそれぞれ独自の特徴があります。いくつかの製品を比較し、使用目的に合った1台を見つけてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次