カテゴリから選ぶ

パソコンの選び方

パソコン(PC)の知っておくべき基礎知識
PCのタイプ
デスクトップ

ディスプレイと本体が分かれているPCで、他タイプと比べて同性能で価格が安いのが特徴です。
また、部品の変更や追加がしやすく、用途に合わせてカスタマイズしやすいのが強み。ディスプレイと本体が一体になっているものや、本体が手のひらサイズの小型のものもあります。

iconメリット
 他タイプと比べて価格が安い
 部品のカスタマイズがしやすい

iconデメリット
 使用場所が限られる

ノートパソコン

ディスプレイ、本体、キーボード等の装置が一体化され、折りたためる構造のPCです。
デスクトップと比較すると高価格であったりカスタマイズ性が下がったりしますが、最近はお手頃なノートPCでもライトユーザーには十分な性能があります。
外出先で使いたい・置き場所に悩みたくない、という方におすすめです。

iconメリット
 デスクトップPCより携帯性が高い

iconデメリット
 熱を持ちやすい
 部分だけの修理が出来ない

2in1タブレット

タブレットとしてもノートパソコンとしても使える端末です。
携帯性重視のため接続できる端子が少ないので、汎用性の高いUSB端子ポートがついているものをおすすめします。ノートPCより重量が軽いものが多く、携帯性は抜群です。

iconメリット
 タブレットにもノートPCにもなる
 ノートPCより携帯性が高い

iconデメリット
 ノートPCより性能が低いものが多い
 ノートPCのデメリットも併せ持つ
 接続できる端子が少ない

CPU
CPU(シーピーユー)

別名プロセッサー。コンピュータ内でデータを受け取って演算処理・出力を行う重要な部品です。人間で言う頭脳にあたります。
性能の高いCPUは処理速度と価格が高いので、自分のPCの用途に合わせてCPUを選びましょう。CPUメーカーはインテル(Intel)とAMDの2社があり、特にIntelのCPUは多くのPCに搭載されています。

Core(コア)

CoreはCPUの核の部分で、「Coreの数=CPUが並列に処理できる数」になります。2Coreをデュアルコア、4Coreをクアッドコアと呼ぶこともあります。Coreが多いほど高価になり、最近のパソコンでは2Core以上のCPUの製品が一般的です。

iconIntelのCPUについて

ここではシェアの高いIntelのCPUについて、モデルごとの性能の目安をざっくりご紹介します。
CPUは同じモデルでも性能差があり、ノートPCよりデスクトップPCの方が性能が高く、かつ、世代が新しい方が性能が高いです。世代はモデル名の末尾につく数字で、その数字が大きいほど新しい世代です。購入時に気にして見てみてください。

●Core i7:
上位モデル。3Dゲーム等を行うヘビーユーザー向け。価格は高めです。
●Core i5:
中間の性能のモデル。価格と性能のバランスが良く、動画の編集等を行うミドルユーザー向けです。
●Core i3:
中間の性能のモデル。価格はCore i5より低いですが、デスクトップであればミドルユーザーでもCore i3で十分なものもあります。
●Pentium:
Core iよりも機能を減らした廉価版CPUです。省電力で、屋外での長時間のPC利用に向いていますが、用途によっては処理が遅くなります。

これらより上のモデルも下のモデルもありますが、上記のCore iシリーズから用途に合わせて選ぶのが良いかと思います。

メモリー
メモリー

データやプログラムを一時的に記憶する部品で、パソコンの中で作業台のような役割を担っています。「メモリーの容量=コンピュータ内の作業台の広さ」と考えると良いでしょう。
とても重要な部分で、使用用途に対してメモリー容量が小さいと、とても動作が遅くなります。
最近のパソコンは2~32GB(ギガバイト)まで有りますが容量が多いほど高価になります。用途に合わせて4、8、16GBの内で選ぶのが良いでしょう。

iconPoint
・容量が小さいと動作が遅くなる
・容量が大きいと動作は安定するが高価
・4GB,8GB,16GBの中から選ぶ

メモリーイメージ
ストレージ
ストレージ

ハードディスクなどの記憶装置の総称です。
一般的なストレージとしてはハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SDD)があります。

HDD(エイチディーディー)

データを記録する磁性体が塗られた円盤が中に入っていて、書き込み・読み出しを行います。

iconメリット
 SSDより値段は安く、大容量

iconデメリット
 ぶ厚く重量がある
 衝撃に弱い

SSD(エスエスディー)

半導体素子メモリを使ったドライブ(記憶媒体)です。現在ストレージはSSDが主流です。

iconメリット
 HDDよりサイズが小さく軽い
 読み書きの速度が非常に速い
 衝撃に強い
 消費電力も少ない

iconデメリット
 HDDの倍以上の価格

OS
OS(オーエス)

コンピュータのオペレーション(操作・運用・運転)を司るシステムソフトウェアです。
PCを誰でも使い易いようにするためのもので、PCを起動させるとこのソフトウェアが動き立上がります。
・Microsoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)
・macOS(マックオーエス)

スマホだと
・Android(アンドロイド)
・iOS(アイオーエス)
などがあります。市販のパソコンですと『Windows10』が一般的です。

iconWindows10(ウィンドウズテン)

Microsoftが現在、主にリリース・サポートしているOSです。
用途別にエディションという区分けがあり、主に下の2つのエディションがあります。
 ・家庭向け:Homeエディション
 ・ビジネス向け:Proエディション
前OSのWindows7はMicrosoftからのサポートが2020年1月に終了した為、セキュリティの観点からもWindows10搭載のPCを使うのが望ましいでしょう。

OSイメージ
Microsoft Office
Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)

Microsoftが開発・販売するアプリケーションソフトのパッケージ製品です。
ビジネス分野でよく使われる下記のソフトが含まれます。

ワープロソフトMicrosoft Word
表計算ソフトMicrosoft Excel
プレゼンテーションソフトMicrosoft PowerPoint
データベースソフトMicrosoft Access

現在の最新バージョンは『Microsoft Office 2019』です。
単体でOfficeやその中のExcelだけを買うよりもOfficeが付属している製品を選ぶといいでしょう。

パソコンの選び方
基礎知識からのまとめ

●持ち運びしやすいのはノートパソコンか2in1タブレット

●CPUは『インテル製 core i』シリーズの2Core以上

●メモリーは最低4GBから

●ストレージはSSD

●OSは『Windows10』

●Officeの入ったPCを!

ノートパソコン、2in1タブレットを選ぶ時に…
画面サイズをチェック

ノートパソコンの画面サイズは一般的にはサイズが小さいほど低スペック低価格持ち運びがしやすく、大きくなるほど高スペック高価格で移動はしづらいですが様々な事がストレスが無くできます。
※サイズが小さくて高スペック高価格の製品もあります。

サイズ一覧
10インチ以下 B5サイズ以下で、もっとも持ち運びがしやすい大きさです。低重量、低スペック、低価格の物が多く高スペックの物は価格が高くなっています。
11~13インチ iconおすすめ
B5~A4サイズ相当で、パソコンを持ち運んで使いたい人に人気です。価格を5万円以下に抑えた製品もあります。
14インチ以上 B4サイズ以上の大きさになります。解像度が高い製品も多く、動画を編集したり、ゲームをプレイするのに適した製品が多いです。2kg以上あるものが多く重い為、持ち運びにはあまり適しません。
おすすめパソコン
品質が高く安心の国内メーカーノートPC

国内メーカーの製品は価格は高めですが、サポートが手厚く、品質の信頼性も高いので安心です。

 NEC

¥(税込)

【台数限定】ノートパソコン NEC PC-HM750PAL LAVIE Home Mobile ネイビーブルー ノートPC

¥117,480(税込)

[推奨品]ノートパソコン NEC PC-HM350PAW LAVIE Home Mobile パールホワイト ノートPC

¥83,380(税込)

【台数限定】NEC PC-N1435BAL モバイルパソコン LAVIE N14 ネイビーブルー

¥103,180(税込)

【台数限定】NEC PC-N1435BAW モバイルパソコン LAVIE N14 パールホワイト

¥92,180(税込)

¥(税込)

【台数限定】NEC PC-N1475BAW モバイルパソコン LAVIE N14 パールホワイト

¥135,080(税込)
 富士通

●製品一例
・Windows 10 Home搭載
・CPU:Corei7-9750H
・メモリー:8GB

持ち運びのしやすいタブレットPC!
 Microsoft

●製品一例
・Windows 10 Home(Sモード)
・インスタントオン でタイプ カバーを開いてすぐ、作業ができる
・最大10時間のバッテリ寿命

マイクロソフトMCZ-00032 Surface Go
 HUAWEI(ファーウェイ)

●製品一例
・OS:Android 8.0 / Emotion UI 8.0
・CPU:HUAWEI Kirin 659 オクタコア
・10.1インチ 1080P フルHD ディスプレイ

おすすめ周辺機器
はがき、年賀状、書類作成に!プリンター
 Canon

●製品一例
・Wi-Fi機能を強化した高画質ハイスペックモデル
・写真も文字も、はっきりくっきり「6色ハイブリッド」

キヤノン TS8330WH インクジェット複合機
 エプソン

●製品一例
・スタイリッシュ&コンパクト
・6色インクで写真も文書もキレイ
・スマホとの接続がさらにカンタン

仕事に!趣味に! パソコンソフト
 デザイン・グラフィック

●製品一例
スナップ写真とビデオを美しく仕上げ、思い出に残る記念品や動画をかんたんに作成できます。

アドビシステムズ Photoshop Elements & Premiere Elements 2020
 セキュリティー

●製品一例
パソコン・スマホ・タブレット用総合セキュリティソフト。
AI(人工知能)技術を強化し、日々巧妙化する新たな脅威から守ります。

トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド
PC作業をサクサク快適に! 入力機器
 ワイヤレスマウス

●製品一例
通常のホイール機能、水平スクロール機能に加え、高速スクロール機能を搭載。レーザーセンサーに匹敵する精度により、あらゆる表面でスムーズなトラッキング操作が可能です。

ロジクール M705M マラソンマウス
 ワイヤレスキーボード

●製品一例
ボタンを押すだけで、パソコン・タブレット・スマートフォンなど最大3つまでのデバイスにBluetoothRで接続。Windows・Macなどの各OSを自動的に認識し、OSごとの独自キーやショートカットキーを違和感なく使用できます。

ロジクール K380 マルチデバイス Bluetooth キーボード