ヤマダウェブコム | 株式会社ヤマダ電機の公式通販サイト

先どりパソコン先どりパソコン

これからはじまる教育改革

変化の激しいこれからの社会で生き抜く力を育てるために、2020年から大きな教育改革がはじまります。なかでも情報活用能力が重要視され、小・中・高でプログラミング教育が必修・拡充になる点は重要なポイント。まずは正しい知識を身につけ、早めの準備を考えてみてください。

※情報活用能力:コンピュータ等の情報手段を適切に用いて情報を収集・整理・比較・発信・伝達したりする力で、基本的な操作技能やプログラミング的思考、情報モラル、情報セキュリティ、統計等に関する資質・能力等も含むもの(学習指導要領解説の要約)

 

教育改革はこう進む教育改革はこう進む

小学生:2020年プログラミング教育必修化
小学生
小学生イメージ
2020年プログラミング教育必修化

理科や算数などの教科のなかで、プログラミング的思考を養う授業がはじまります。

中学生:2021年プログラミング教育拡充
中学生
中学生イメージ
2021年プログラミング教育拡充

技術・家庭科において、プログラミングに関する学習内容を倍増。実践的なプログラミングの授業がはじまります。

高校生:プログラミング教育が必修科目に
高校生
高校生イメージ
2022年プログラミング教育が必修科目に

必修科目として「情報Ⅰ」が新設され、プログラミングを問題解決に活用することを学ぶ授業がはじまります。

大学生:2024年大学入試にプログラミング
大学生
大学生イメージ
2024年大学入試にプログラミング

大学入試センター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」に、プログラミングなどの情報科目の導入が検討されています。

キャンペーン情報/おすすめパソコンはこちらキャンペーン情報/おすすめパソコンはこちら

これから必要な3つのスキルこれから必要な3つのスキル

子どもたちの将来の可能性を広げるためにも、早い時期からパソコンに慣れ親しませることが大切です。まずはご家庭で、パソコンを使った学習を楽しむための環境を整え、今からパソコン学習を先どりしましょう!

スキル1:パソコン操作の基本「タイピング」 スキル2:ワープロや表計算をする「Office ソフトの操作」 スキル3:小・中・高で必修・拡充「プログラミング的思考」

スキル1 パソコン操作の基本:タイピング

タイピングで身につく力

パソコン操作の基礎 ローマ字習得
パソコン操作の基礎,ローマ字習得

タイピングはパソコンを使って学習や仕事をしていく上で最も基本的なスキルです。最初にタイピングを学ぶ段階で、正しい姿勢、ポジションを身につけておくことは後々の学習、受験や就職、仕事やプライベートなど、あらゆるシーンでのパソコン操作を円滑にする財産となるでしょう。

タイピングイメージ

タイピングを身につけるには

タブレットやスマートフォンのタッチ操作は習得しやすいですが、キーボードを使って文字を入力する操作には、ある程度慣れが必要です。まずはキーボードとローマ字に慣れていくことからはじめるとよいでしょう。

タイピング練習におすすめ!

キーボー島アドベンチャー

実際に学校のタイピング練習で使われている優良教材です。ゲーム風のインターフェースは子どもにも親近感があり、楽しみながらしっかりタイピングスキルを学べる内容となっています。先生によるグループの申し込みが必要ですが、ご家庭でも実践可能な体験版も用意されています。

キーボー島アドベンチャー
 

スキル2 ワープロや表計算をする:Office ソフトの操作

Office ソフトの操作で身につく力

情報処理能力 編集力 表現力
情報処理能力、編集力、表現力

ワープロ、表計算、プレゼンテーションを筆頭に、Office の各アプリケーションは学習、仕事、生活など、場所や時間を問わず世界中で幅広く使われています。Windows Digital Lifestyle Consortiumが 2017 年に実施した調査によると、92.8%の人事担当者が「就活生には Word、Excel、PowerPoint などの基本操作スキルが必要」と回答しており、その重要性がわかります。

Officeソフト操作イメージ

※ Windows Digital Lifestyle Consortium とは、情報機器や情報サービスに関する業界を超えた連携によって、新たなデジタルライフスタイルの提案を目指す業界団体
 公式サイト:https://www.wdlc.jp/

Office ソフトの操作を身につけるには

お子様には Office の操作は難しいというイメージもあるかもしれませんが、Office には無料でダウンロードして簡単に使える「テンプレート」も多数用意されています。気になるテンプレートはどんどんダウンロードして、Office スキルの向上にお役立てください。

Officeソフトイメージ

まずは無料の「テンプレート」を使ってみましょう まずは無料の「テンプレート」を使ってみましょう

楽しもう Office キッズ

漢字練習や自由研究、手作りのゲームや年賀状など
勉強や遊びに役立つ無料のテンプレートがたくさん用意されています。

楽しもう Office キッズ
 

スキル3 小・中・高で必修・拡充:プログラミング的思考

プログラミング的思考で身につく力

論理的思考力 創造力 問題解決能力
論理的思考力、創造力、問題解決能力

プログラミング学習を「先どり」することで、さきざきの授業への理解力と、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な「論理的思考力」「創造力」「問題解決能力」が養われます。ここでは親しみやすく簡単にチャレンジできる入門教材をご紹介します。

プログラミングイメージ

プログラミング的思考を養うのにおすすめ「micro:bit」 プログラミング的思考を養うのにおすすめ「micro:bit」

イギリスのBBCが主体となって作ったプログラミング教育向けのマイコンボードで、動くものをプログラミングすることを通して、子供たちが論理的思考能力を身に着けられるようにデザインされています。小型のプリント基板に25個のLEDと加速度センサーをはじめとする様々なセンサーを搭載し、外部機器の接続も可能で、楽しみ方、学び方は無限です。オープンソースのプログラミング学習環境、 Microsoft MakeCodeを使えば簡単にプログラミングが体験できます。

「micro:bit」イメージ

「micro:bit」の使い方をムービーでチェック!

プログラミング入門教材『Minecraft Hour of Code』 プログラミング入門教材『Minecraft Hour of Code』

「Minecraft Hour of Code」(マインクラフト アワー・オブ・コード)は、世界中の子どものプログラミング学習を支援する団体「Code.org」(コードオルグ)が提供するプログラミング入門教材です。ブロックを組み合わせてプログラムを作る形式で、大人気ゲーム「Minecraft」(マインクラフト)の世界やキャラクターを動かしながら、プログラミングの基礎を学ぶことができます。

『Minecraft Hour of Code』イメージ

LABI YAMADAパソコンスクールでプログラミングを学ぼう!今なら「Hour of Code」と「mBot」のプログラミング教室を開催中!LABI YAMADAパソコンスクールでプログラミングを学ぼう!今なら「Hour of Code」と「mBot」のプログラミング教室を開催中!

全国のヤマダパソコンスクールで開催!無料体験、プログラミングの基礎が学べる 「ヤマダパソコンスクール」では、パソコンの基本操作から、タイピング学習、文書作成など、基礎知識を身につけることができます。また、新学習指導要領に合わせて、小学校1年生~6年生を対象としたプログラミング学習にも力を注いでいます。低学年のお子さんでもマウス操作だけで簡単にプログラミングができるHour of Code の「マインクラフト・プログラミング体験講座」は無料で参加できます。なお、世界中の教育機関で導入されているSTEM(ステム)教育用ロボット「mBot(エムボット)」を使ったロボットプログラミング講座は人気講座のうちの1つです。

詳しくはこちら

「Minecraft Hour of Code」をムービーでチェック!

学習用ロボットキット Makeblock『mBot』 学習用ロボットキット Makeblock『mBot』

mBot(エムボット)は、安全・簡単な設計でお子様のプログラミング体験に最適なロボットキットです。ドラッグ&ドロップでプログラムを組んでコントロールすることができ、お子様の創造性や論理的思考を育みます。

『Minecraft Hour of Code』イメージ

「Makeblock『mBot』をムービーでチェック!

 
キャンペーン情報/おすすめパソコンはこちらキャンペーン情報/おすすめパソコンはこちら
ページトップへ