炊飯器はどれくらい長持ちする?買い替え時のサインもご紹介

  • URLをコピーしました!

気に入ったら長押しでシェアしてね!

炊飯器は、毎日の食卓に欠かせない家電製品です。しかし、長年使用していると、徐々に劣化が進み、いつかは寿命を迎えます。ここでは炊飯器の劣化を示す兆候や、それが現れたときの対処法、さらには長持ちさせるコツをご紹介します。

引用元:写真AC
目次

炊飯器の平均的な寿命

炊飯器の寿命の目安は3〜6年

炊飯器の寿命は使用頻度や使い方によって変わりますが、平均すると3~6年程度と言われています。特に内釜の劣化が進むと、ご飯の炊きあがりに影響が出てきます。炊飯器の種類や使用頻度によって個体差はありますが、6年を超えたら買い替えを検討するのが良いでしょう。

メーカーが予備部品を保有する期間は6年

家電製品には、メーカーが予備部品を保有する期間が定められています。多くの炊飯器の場合、その期間は6年間です。メーカーが定める期間より後に故障した場合、修理ができないこともあるため注意が必要です。炊飯器を長く使いたい場合は、6年以内に買い替えを検討するのがおすすめです。

寿命を迎えた炊飯器を使い続けるリスク

ご飯の仕上がりが劣化

炊飯器の寿命が近づくと、内釜のコーティングが剥がれたり、ヒーターの劣化によって火力が弱くなったりします。そうすると、硬めのご飯になったり、べちゃついたりと、美味しく炊けなくなることがあります。炊きムラが出来てしまい、一部だけ生焼けになることも。せっかくのお米の味を十分に引き出せなくなります。

漏電やショートなどの事故リスク

古くなった炊飯器は、電気部品の劣化により漏電やショートを起こすリスクが高くなります。最悪の場合、火災に繋がる可能性もあるため、非常に危険です。寿命を過ぎた炊飯器から異常な音や臭いがした場合は、すぐに使用を中止し、買い替えや修理を検討しましょう。

炊飯器は毎日使う身近な家電だからこそ、寿命が近づいたらサインを見逃さないことが大切です。無理に使い続けると、美味しいご飯が炊けなくなるだけでなく、思わぬ事故に繋がるかもしれません。少しでも異変を感じたら、部品に異常が出ていないかチェックするようにしましょう。

炊飯器の寿命のサイン

引用元:写真AC

電源が入らない

炊飯器の電源が入らなくなったら、既に寿命を迎えている可能性が高いです。炊飯器のコードが断線していたり、内部の電気部品が故障していたりすると、電源が入らなくなります。取扱説明書の注意事項を確認の上、改善しない場合は買い替えましょう。

炊けたごはんの味や質が著しく落ちた

今まで通りの手順でセットしているのに、ご飯がうまく炊けなくなったら要注意です。炊飯器の内釜のコーティングが剥がれていたり、ヒーターが劣化していたりすると、ご飯が硬くなったりべちゃついたりします。炊きムラができて一部が生焼けになることもあるでしょう。

炊飯器やご飯から異臭がする

炊飯器や炊きたてのご飯から、いつもと違う異臭がする場合も炊飯器の寿命サインの一つです。樹脂部品の劣化により、プラスチックが焦げるようなニオイがすることがあります。異臭は故障の前兆の可能性もあるため、炊飯器の状態をよく確認しましょう。

内釜のコーティングが剥がれる

炊飯器の内釜には、こびりつき防止のためにフッ素加工などのコーティングが施されています。長年使用していると、このコーティングが剥がれてしまうことがあります。コーティングの劣化が進むと、ご飯がこびりつきやすくなったり、むらができたりするでしょう。内釜の状態をこまめにチェックしておきましょう。

炊飯器から異常な音がする

炊飯中に今まで聞いたことがないような異音がする場合は、炊飯器の寿命が近づいているサインかもしれません。炊飯器内部のモーターや部品の劣化により、動作音が大きくなることがあります。 異常な音は故障に繋がるおそれもあるため、早めに対処しましょう。

炊飯器の異常時の対処法

6年以上経過している場合は買い替えを検討

炊飯器を6年以上使用していて異常が見られる場合は、買い替えを検討しましょう。保証期間や大幅に過ぎている場合、メーカーの予備部品がない可能性があります。修理できないこともあるため、新しい炊飯器の購入を視野に入れることをおすすめします。

保証期間内や修理費用が安い場合は修理を選択

炊飯器が保証期間内に故障した場合は、メーカーの修理サービスを利用しましょう。無料または安価で修理できることがほとんどです。また、購入から6年以内の比較的新しい炊飯器で、修理費用が買い替え費用よりも安い場合も、修理を選ぶのが賢明です。

修理見積もりを取って費用を比較検討

炊飯器の修理にかかる費用が気になる場合は、まずは修理の見積もりを取ってみましょう。メーカーのサポートセンターやお近くの家電量販店などに相談すれば、おおよその修理費用が把握できます。修理費用と、新しい炊飯器の購入費用を比較して、総合的に判断するのが良いでしょう。経過年数も考慮に入れて、賢明な選択をしてください。

炊飯器を長持ちさせるお手入れ方法

内釜は丁寧に扱い汚れを早めに洗浄

内釜は炊飯器の中でも特に消耗が激しい部分です。内釜を長持ちさせるためには、使用後は汚れを放置せず、早めに洗浄することが大切です。また、内釜を洗う際は、柔らかいスポンジを使用し、強くこすり過ぎないように注意しましょう。内釜のコーティングを傷つけてしまうと、こびりつきの原因になります。

洗米は内釜で行っても構いませんが、できるだけボウルやザルを使うのがおすすめです。内釜で洗米を繰り返すと、コーティングが剥がれやすくなってしまうためです。熱湯を入れるのも避けましょう。内釜が変形する恐れがあります。

内ぶたは毎回使用後に洗浄

着脱式の内ぶたも、汚れやすい部分の一つです。ご飯を炊くたびに、内ぶたを取り外して洗うようにしましょう。洗剤を含ませたスポンジでしっかり洗った後は、乾いた布で水分を拭き取ります。特に調味料を使った炊き込みご飯などを炊いた場合は、ニオイや汚れが残りやすいので、必ず洗浄してくださいね。

吸気口や排気口、温度センサーの定期的な清掃

炊飯器の吸気口や排気口は、ホコリやゴミが溜まりやすい場所です。定期的に掃除機で吸い取ったり、綿棒で掃除したりして、清潔に保ちましょう。吸気口や排気口が詰まると、炊飯器内部の熱がこもって故障の原因となります。

また、炊飯器内部にある温度センサーの汚れも、定期的に確認することが大切です。温度センサーが汚れていると、温度の検知がうまくいかず、ご飯が上手に炊けなくなるおそれがあるのです。汚れが見られた場合は、柔らかい布で優しく拭き取ってください。

まとめ

引用元:写真AC

炊飯器は長年使用していると劣化が進み、寿命のサインが現れます。炊飯器の平均的な寿命は3〜6年程度ですが、使用頻度や手入れ方法により個人差があります。寿命が近づくと、ご飯の味が落ちたり、異常音や異臭が発生したりするため注意が必要です。炊飯器に異変を感じたら、故障や事故のリスクを避けるためにも、修理や買い替えを検討しましょう。

また、炊飯器を長持ちさせるには、内釜や内ぶたを丁寧に扱い、吸気口などを定期的に清掃することが大切です。普段から炊飯器の様子を見守り、寿命のサインを見逃さないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次