コーヒーメーカーの掃除はどうやるの?部品ごとのお手入れ方法をご紹介

  • URLをコピーしました!

気に入ったら長押しでシェアしてね!

いつでも自宅で本格的なコーヒーを淹れられるコーヒーメーカーは日々の食卓や休憩時間を豊かにしてくれるアイテムです。しかし、お手入れを怠ったり、間違った使い方を続けていると、コーヒーの風味は落ちてしまいます。ここではコーヒーメーカーの部品ごとのお手入れの方法と使用時の注意点を細かく解説します。

引用元:写真AC
目次

コーヒーメーカーを手入れしないとどうなる?

コーヒーメーカーは定期的な手入れを怠ると様々な問題が発生します。ここでは、コーヒーメーカーを手入れしないことによって起こりうる問題点について見ていきましょう。

不衛生になり、カビが生える危険性

コーヒーメーカーを手入れしないと、内部に汚れやコーヒーかすが蓄積していきます。放置すると、この汚れが腐敗してカビが発生する危険性があります。カビが生えたコーヒーメーカーを使用し続けると、健康被害につながる可能性もあるため注意が必要です。

コーヒーの味や風味が劣化する可能性

コーヒーメーカー内部の汚れは、新しく淹れるコーヒーに悪影響を与えます。古いコーヒーかすや汚れが酸化し、新しいコーヒーに混ざることで味や風味が落ちてしまうのです。せっかくの高級コーヒー豆を使用しても、汚れたコーヒーメーカーでは本来の味を引き出すことができません。

水垢や黒ずみが発生

コーヒーメーカーを手入れしないと、内部に水垢や黒ずみが発生します。特に、水垢はドリップ口に蓄積しやすく、放置するとコーヒーの風味を損ねる原因になります。また、コーヒーの成分が固まった黒ずみは、こびりついて取れなくなる可能性があります。

水垢や黒ずみを放置したままコーヒーメーカーを使用し続けると、次第に詰まりや故障の原因にもなりかねません。定期的なお手入れを行い、水垢や黒ずみを取り除くことが大切です。

コーヒーメーカーの簡単お手入れ方法

コーヒーメーカーに落ちにくい汚れがついてしまうことがないように、定期的なお手入れは欠かせません。ここでは、使用後の簡単なお手入れ方法をご紹介します。

引用元:写真AC

パーツを外して水洗いする

コーヒーメーカーのお手入れは、パーツを外して水洗いするのが基本です。トレイ、バスケット、タンクなどの取り外し可能なパーツは、使用後には必ず水で洗い流しましょう。毎回洗剤を使う必要はありませんが、汚れがひどい場合は、中性洗剤を少量使用してください。洗い終わったら、よくすすぎ、水気を拭き取って乾燥させます。

本体は濡れたタオルで拭き、水滴を残さず乾拭きする

コーヒーメーカー本体は、濡れたタオルや布で拭きましょう。水洗いはせず、必ずタオルで汚れを拭き取るようにしましょう。特に、ドリップ口周辺は汚れやすいので、念入りに拭いてください。拭き終わったら、乾いたタオルで水滴を残さないように乾拭きします。

月に1回の頻度でお手入れがおすすめ

コーヒーメーカーは、毎日使用後のお手入れに加えて、月に1回程度の頻度で、より丁寧なお手入れを行うことをおすすめします。月1回のお手入れでは、水垢や黒ずみを取り除くために、クエン酸や重曹を使用します。クエン酸は水に溶かしてドリップすることで、水垢を効果的に除去できます。黒ずみには、重曹ペーストを歯ブラシで擦り落とすのが有効です。お手入れ後は、十分にすすぎ、乾拭きを行いましょう。

コーヒーメーカーの汚れ別お手入れ方法

こまめにお手入れをしていても、長期間使い続けていれば頑固な汚れが蓄積してしまいます。
コーヒーメーカーを清潔に保つには、汚れの種類に合わせた適切な対処法を知ることが大切です。ここでは、コーヒーメーカーに発生しやすい水垢、黒ずみ、カビといった汚れを除去する方法を詳しく解説します。

水垢汚れにはクエン酸を使ってドリップ洗浄する

コーヒーメーカーに発生する水垢は、内部のパイプや部品に蓄積し、コーヒーの風味を損ねる原因になります。水垢汚れを取り除くには、クエン酸を使ったドリップ洗浄が効果的です。手順は以下の通りです。

  1. タンクに水とクエン酸(水1リットルに対し大さじ2杯程度)を入れ、よく混ぜる。
  2. クエン酸水をコーヒーメーカーにセットし、通常通りドリップを行う。
  3. ドリップ後、タンクと抽出口をよくすすぎ、乾拭きする。
  4. クエン酸の臭いが残らないよう、2~3回程度、水だけでドリップを繰り返す。

黒ずみには重曹ペーストを歯ブラシで擦り落とす

コーヒーメーカーの内部や抽出口周辺に見られる黒ずみは、コーヒーの成分が固まってこびりついたものです。放置すると取れにくくなるため、定期的にお手入れを行いましょう。黒ずみ汚れには、重曹ペーストと歯ブラシを使った方法が有効です。

  1. 重曹と水を同量混ぜ、ペースト状にする。
  2. ペーストを黒ずみ汚れに塗り、しばらく放置する。
  3. 歯ブラシでペーストを塗った部分を擦り、黒ずみを落とす。
  4. 汚れが落ちたら、水でよくすすぎ、乾いた布で拭き取る。

カビ対策には酸素系漂白剤につけ置き後、歯ブラシで擦る

コーヒーメーカーを清潔に保っていても、湿気の多い環境ではカビが発生することがあります。カビが生えてしまった場合は、酸素系漂白剤を使ったつけ置き洗いと、歯ブラシでの擦り洗いを組み合わせるのが効果的です。

  1. タンクに水と酸素系漂白剤を入れ、よく混ぜる。(漂白剤の分量は製品の指示に従う)
  2. カビの生えた部品を外し、漂白剤液につけ置きする。(30分~1時間程度)
  3. つけ置き後、部品を取り出し、歯ブラシでカビを擦り落とす。
  4. 部品をよくすすぎ、水気を拭き取って完全に乾燥させる。

コーヒーメーカーに発生する汚れは、放置すると取り除きにくくなり、コーヒーの味や風味、衛生面にも悪影響を及ぼします。日々のお手入れで発生を未然に防ぐようにしましょう。

コーヒーメーカーのお手入れ時の注意点

お手入れ後は水滴を残さずしっかり乾拭きする

コーヒーメーカーのお手入れ後は、必ず水滴を残さずに乾拭きすることが重要です。水滴を放置すると、かえってカビや水垢の原因になるだけでなく、コーヒーメーカーの故障につながる可能性もあります。特に、本体内部に水が入らないよう、念入りに拭き取りましょう。

乾拭きには、柔らかい布やタオルを使用するのがおすすめです。水洗い後のパーツも、しっかりと乾燥させてから組み立てることを忘れないでください。

本体は絶対に水洗いしない

コーヒーメーカーの本体は、絶対に水洗いしてはいけません。本体内部に水が入ると、電気部品がショートするなどの故障の原因になります。また、水洗いによって本体の隙間に水が残り、カビが生えるリスクも高まります。

汚れがひどい場合でも、水洗いは避け、重曹ペーストなどを使って優しく擦り落としましょう。

レモン汁や洗剤の使用は避ける

コーヒーメーカーのお手入れには、レモン汁や洗剤の使用は避けましょう。レモン汁は酸性が強く、コーヒーメーカーの部品を傷める可能性があります。また、洗剤を使用すると、すすぎ残しがコーヒーの味に影響を与えるだけでなく、健康面でも好ましくありません。

コーヒーメーカーのお手入れには、クエン酸や重曹などの自然素材を使用するのが最適です。これらの素材は、汚れを効果的に落とすだけでなく、コーヒーメーカーにも安全で、すすぎ残しの心配もありません。

まとめ

引用元:写真AC

コーヒーメーカーのお手入れは、美味しいコーヒーを淹れるために欠かせません。汚れがこびりつきやすいパーツは部品ごとに分けて水洗いし、本体もタオルを使ったお手入れできれいな状態を保ちましょう。お手入れ後に水滴を残さないことが衛生的に使うコツです。正しい方法でお手入れを行い、美味しいコーヒーを毎日楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次