¥200,000
den_baloon
den_1

炊飯器の選び方 | ヤマダウェブコム

商品お届け地域を設定すると、お近くの店舗を表示します。[変更

LABI1 日本総本店 池袋

営業時間:10:00~22:00

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-5-7 地図を見る

店舗お問い合わせ先
電話番号:03-5958-7770 / FAX:03-5958-7776
法人様・パソコン教室お問い合わせ先
電話番号:03-5958-8810 / FAX:03-5958-8811
  • 家電
  • Windows
  • Mac
  • 中古PC販売
  • 中古PC買取
  • DVDソフト
  • CDソフト
  • ゲーム
  • ゲーム買取
  • 携帯電話買取
  • 書籍
  • おもちゃ
  • 生活雑貨
  • 腕時計
  • ドラッグ
  • オール電化
  • パソコン教室
  • iPad取扱
  • iPod取扱
  • Apple
  • リフォーム新築
  • 携帯販売
<2018年度版>

炊飯器の選び方・3つのポイント

ご飯を炊ける量を決める
主にご家庭の構成により適正炊飯量が変わります。ご利用環境と向き合い、まずは適切な炊飯量を選択しましょう。

炊飯器の加熱方式について考える
炊飯器の価格は、加熱方式により大きく変わってきます。それぞれの特徴とポイントを押さえておきましょう。

自分の好みの『内釜』や、炊き方・調理機能を見つける
内釜の種類、独自の炊飯機能、熱伝導などなど…各メーカーこだわりの炊き方や調理機能から自分の好みを選びましょう。

ご飯を炊ける量を決める

一日に何回・何合研ぐのか、何人家族かを確認し、家族構成や食べる量を目安に大きさを選びましょう。

また、「朝ごはんの家族分+自分のお昼分+子どものお弁当」のように、まとめ炊きをする場合などは、もちろん家族+αになりますので、生活シーンを思い浮かべて考えてみるのも重要なポイントです。


■おおまかな目安

3合

・ 炊ける量:6膳程度

・ 冷凍庫に1膳分小分けに冷凍しておくと便利!

5.5合

・ 炊ける量:11膳程度

・ 子どもが大きくなった時の為に、余裕があるサイズがオススメ

5.5~8合

・ 炊ける量:11~16膳程度

・ 炊き込みご飯、赤飯、まとめ炊きをする場合は8合あると良い

5.5~10合(1升)

・ 炊ける量:11~20膳程度

・ 複数世帯の場合は、8~10合サイズがあれば安心

炊飯器の加熱方式について考える

家庭用炊飯器の加熱方式には、IH炊飯器、IH圧力炊飯器、マイコン炊飯器と大きく3つの種類があります。

加熱方式の違いでご飯をおいしく炊く能力が大きく変わります。また、価格も大きく変わってきますので、それぞれの炊飯器の特長とポイントを押さえておきましょう。


圧力IH炊飯器

【ふっくらもちもち感】

★★★★★

【保温性能】

★★★★★

【本体価格】

圧力により沸点を高め短時間で炊き上げる圧力炊飯と、電磁力による「IH」の加熱を組み合わせた方式。電気炊飯器の中では最も炊飯効率が高い。
上位機種に多く、高性能かつ保温性能も優れた機種が多い。芯まで水分が浸透する為、ご飯が冷えても比較的もちもちに。また、玄米をやわらかく炊ける機種も。

【こんな方にオススメ】

・ 毎日の食事にこだわりたい

・ 冷えてもおいしいお弁当を作りたい

・ 玄米も炊きたい

IH炊飯器

【ふっくらもちもち感】

★★★★

【保温性能】

★★★★

【本体価格】

★★

電気を使った加熱方法で、無駄なく強い火力でごはんを炊くことができる。お釜全体に、むらなく熱を伝えるのが特徴。 温め方がマイコンとは異なる事から、保温機能も優れている機種が多い。
現在の主流と言えるタイプで、機能により価格も様々。迷ったらこのタイプから探すのが最も無難。

【こんな方にオススメ】

・ ご飯を美味しく味わいたい

・ 保温機能を使いたい(2食分炊くなど)

・ どれを買えばいいかわからない

マイコン炊飯器

【ふっくらもちもち感】

★★

【保温性能】

【本体価格】

★★★★★

底のヒーターから釜に熱を伝える。熱の強さはIHに比べて劣る。水に浸す時間が短いと固くなりやすい為、固めのご飯が好きな方はIHよりもおいしく感じる場合がある。また、保温機能はあまり期待できない。
本体価格の安さが最大の魅力。3合までの少量炊きタイプが多い為、ひとり暮らしや価格重視の人向け。

【こんな方にオススメ】

・ご飯が炊ければいい、固めが好き

・あまり保温機能は使わない

・ひとり暮らしで一回に食べる量が少なめ

「圧力IH」と「IH」

・ この2つの加熱方式の大きな違いは、圧力による沸点の違いです。圧力IHでは内釜に圧力を加えることにより沸点を変えることができます。
例えば1気圧での沸点は100度ですが、1.2気圧で105度、1.3気圧で107度と高くなり、米の芯までしっかりと熱が通りやすくなります。

・ 一般に、圧力が高いほど粘りのあるもっちりとしたご飯に、低いと粒感のあるシャッキリとした食感に仕上がる傾向にあります。

自分の好みの『内釜』や、炊き方・調理機能を見つける
各メーカーごとにお米をおいしく炊き上げる機能が充実しています。またご飯の炊き分け以外にも、さまざまな調理機能が登場しています。
また、ご飯をおいしく炊くために、絶対に忘れてならないのが内釜の種類です。おいしさを引きだすために、各メーカーよりさまざまな機種が発売されていますが、ここでは各メーカーこだわりの代表的な内釜や特徴を比較します。

※ こちらに紹介されている機能はあくまで一例です。他にも様々な機能がございます。詳しくは商品詳細をご確認ください。
(該当メーカーの全ての製品に備わっているものではございません。)

象印「極め羽釜」

▲ 最上位モデル:「極め炊き」 プライムブラック NW-AT10-BZ 5.5合炊き

南部鉄器 極め羽釜

蓄熱性の高い南部鉄器だから、釜の底はパリッ、中はふっくら香る、絶品のおこげごはんが炊けます。このおこげを内釜に残し、水を入れて炊くと、湯の子(おこげのおかゆ)が味わえます。

大火力×高圧力 プレミアム対流

最大1450Wの大火力で、熱と水をお米に浸透。甘み成分(還元糖)を引き出してコーティングします。そして1.5気圧の高圧力で、水中に溶け出た甘み成分をお米の内部に染みこませます。

※ 詳しい情報はメーカーサイト新しいウィンドウを開く
パナソニック「おどり炊き」

▲ 最上位モデル:「Wおどり炊き」 ルージュブラック SR-SPX107 5.5合炊き

おどり炊き

大火力おどり炊きと可変圧力おどり炊きの2つの炊き技で米を激しく踊らせます。一粒一粒にムラなく熱と水分を均一に行き渡らせ、甘みともちもち感のあるおいしい銀シャリに炊き上がります。

220℃ IHスチーム

スチーム(加熱水蒸気)を噴射し、お米の芯まで高温加熱で浸透させて溶け出た旨みをコーディング。加圧追い炊きで甘みともちもち感がさらにアップ、ハリのあるごはんに炊き上げます。

※ 詳しい情報はメーカーサイト新しいウィンドウを開く
タイガー「THE 炊きたて」

▲ 最上位モデル:「THE 炊きたて」 JPG-X100-WF 5.5合炊き

プレミアム本土鍋・四度焼き

熱伝導性を高める「炭化ケイ素」成分を新配合。土鍋の特長である蓄熱性に「炭化ケイ素」の熱効率の良さをプラスして、蓄えた熱を素早くしっかりとお米に伝えます。

可変W圧力

炊きあげ時の1.25気圧で米の粘りと弾力を引き出し、直後に1.05気圧に減圧します。高温炊きあげで粒を炊きしめるので「ふっくらもちもち、一粒一粒がしっかりおいしい」粒に仕上げます。

※ 詳しい情報はメーカーサイト新しいウィンドウを開く
東芝「IHかまど炊飯器」

▲ 最上位モデル:「備長炭かまど本羽釜」 RC-10ZWL(W) 5.5合炊き

圧力+真空 合わせ炊き

炊飯時に圧力をかけ、丸底60℃が生み出す熱対流でお米一粒一粒に熱を伝えます。+真空で内釜の空気を抜くと、お米の芯まで水が浸透して芯まで熱が届くので、大粒に炊き上がります。

備長炭かまど本羽釜

1.大量の旨み成分を引き出す「高さ」。
2.一粒一粒の均一に炊き上げる、「丸さ」。
3.大火力の熱を暫く伝える、「厚さ」。

※ 詳しい情報はメーカーサイト新しいウィンドウを開く
日立「ふっくら御膳」

▲ 最上位モデル:「ふっくら御膳」 RZ-AW3000M-R 5.5合炊き

圧力スチーム炊き

内釜内の圧力を1.2気圧まで上げ、沸点を105℃まで高めて加熱。圧力をかけながらスチームで蒸らす炊飯方式で98℃以上をキープ。ごはんをふっくらで甘く、艶やかに炊き上げます。

高伝熱 打込熱・釜

発熱:鉄層で大火力を引き出す。
伝熱:内釜に即伝熱、温度のばらつきを抑える。
蓄熱:熱を閉じ込め、温度低下を抑える。

※ 詳しい情報はメーカーサイト新しいウィンドウを開く
三菱電機「本炭釜」

▲ 最上位モデル:「本炭釜 KAMADO」 NJ-AW108-B 5.5合炊き

本炭釜

内蓋から包み込むように遠赤外線を放射するので、お米の芯まで加熱してふっくらに。10mm厚の釜底で、炭ならではの内釜全体発熱を実現。均一に加熱され、お米の旨みを引き出します。

炊き上がり

1.粒が立ち、みずみずしさのある炊き上がり。
2.旨みを最大限に引き出し、ふっくらと甘い。
3.香り高く、口ほぐれが良い最高食感。

※ 詳しい情報はメーカーサイト新しいウィンドウを開く
※各機能は、該当メーカーの全ての製品に備わっているものではございません。詳しくは商品詳細をご確認ください。

■知っておくとおトクなその他の特徴

様々な内釜の種類

・ 米と水を直接入れる内釜は、メーカーや機種によって構造や材質もさまざまです。

鉄釜発熱性に優れ、ステンレスよりも強い火力を引き出せる
銅釜一般的な鉄やステンレスよりも熱伝導率が高く、素早く均一に釜全体を加熱できる
炭釜熱伝導率の高さと遠赤外線効果により、短時間でムラなく加熱できる。傷が付きやすいので扱いには注意が必要
土鍋高い蓄熱性と遠赤効果により、ゆっくりと熱が伝わるため、蒸らし効果と冷めにくいのが特長

蒸気が出ない炊飯器

・ 炊飯時に蒸気口から蒸気を出すタイプと蒸気を排出しないタイプの製品があります。
蒸気を排出しないタイプの製品ならば、炊飯時に本体上面にスペースを確保する必要がなく、設置も収納もスムーズです。

・ 蒸気を出すタイプの製品の中にも蒸気を控えめにするカット機能があるものもあります。

ページトップへ